那珂川の鮎の放射性物質検査の結果



5月18日に、那珂川での一回目の放射性物質検査の結果が出ました。結果は基準値を下回り問題はありません。今日は二回目のモニタリングの検体採取のための釣りが行われています。本日の検査で基準値を下回れば予定通りに6月1日に解禁となります。ほぼ問題なく解禁を迎えられそうで安心しています。昨日は、地元の黒羽の那珂橋の上流で鮎が元気に飛び跳ねているのも見られるなど、いよいよ解禁モード突入です。写真は、大田原市蛭畑の鮎釣名人の稲村隆夫さんです。

コメントは停止中です。