『奥の細道画冊』展 開催中


黒羽芭蕉の館(大田原市)において6月3日まで、コレクション展『小杉放庵が描く奥の細道』
が開かれています。日光市出身で、明治後期から昭和まで中央画壇で活躍した放庵が芭蕉の足跡をたどってまとめた『奥の細道画冊』の復刻版を紹介しています。10年前に黒羽芭蕉の館が購入したもので、画冊の43枚が展示されるのは初めてですので、どうぞ来館されご覧下さい。

コメントは停止中です。