30万本のスイセンが満開


今日の読売新聞の記事です。冬の間はスキーヤーでにぎわう那須町大島のスキー場『マウントジーンズ那須』のゲレンデで、約30万本のスイセンが満開となり、観光客の目を楽しませています。

 

 

『春かぶ』で創作料理


今日の読売新聞の記事です。那須塩原市塩原地区特産の「春かぶ」を、塩原温泉を訪れる観光客にもっと食べてもらおうと、関係者が20日から『ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪キャンペーン』を展開します。

与一くん商品で大田原市活性化


今日の産経新聞の記事です。

チューリップ20万株 満開


今日の毎日新聞の記事です。那須町の『那須フラワーワールド』で、園内2㌶に広がるチューリップが満開の見ごろを迎えています。

くろばね紫陽花まつり


くろばね紫陽花まつりが、6月22日から7月15日の間、黒羽城址公園及び周辺地区で開催されます。入場料・駐車場は無料です。

とうがらし入りサイダー発売


産経新聞の記事です。大田原市が出資して設立した旅行会社「大田原ツーリズム」は、同市特産のトウガラシ(栃木三鷹)を使った『ちょい辛そおーだ!とうがらし入りサイダー』を商品化、市内の道の駅などで販売を始めました。

与一くんボール 大田原PRに一役


今日の毎日新聞の記事です。大田原市美原のボウリング場『王冠ボウル』は、市のマスコットキャラクター「与一くん」のイラスト入りボールを製作し、11日から場内での使用を開始し、希望者への販売も行います。

除染ではがした中庭の芝生 児童が復元


今日の毎日新聞の記事です。放射性物質の除染のために中庭の芝生をはぎ取った那須塩原市立三島小学校で9日、児童たちが芝生を復元するための新たな芝づくり作業を行いました。

那須三十六景


今日の読売新聞の記事です。那須の自然や野の花、名勝などを水彩画で表現した『那須三十六景』が、都内在住の女性画家 西真里子さんにより、5年がかりでまとめられました。

食べたら病みつき『那須野みそ』


今日の産経新聞の記事です。屋代本店(大田原市)はこうじ屋として江戸時代末期に創業。約150年の歴史を誇ります。今も創業当時からの製法を守り、無添加で天然醸造のみそやこうじを販売しています。