黒羽ユリ園 開園



黒羽ユリ園が、今年も6月23日から7月16日まで開園となります。6月30日と7月1日には『大イベント』も開催されます。皆さん、ぜひお越しください。
お問い合わせは、℡ 090-2545-0136(黒羽ユリ園の鈴木さん)にてお願いいたします。

『TOCHIGIスポーツ応援マガジン スポコン』



フリーペーパー『TOCHIGIスポーツ応援マガジン スポコン』は事業譲渡により、4月号から下野新聞社が発行元となりました。『栃木県のスポーツを幅広く応援しよう』というコンセプトで、栃木SCをはじめ、リンク栃木ブレックスなど県内4プロを中心に県内スポーツを幅広く紹介します。

元関脇 北勝力



今日の読売新聞の栃木版に、大相撲で旧黒羽町出身の元関脇北勝力の特集がありました。八角部屋の夏合宿の開催や、団体での観戦ツアーなど、たくさんの思い出と感動を地元に与えてくれました。今後の谷川親方(元関脇北勝力)のご活躍を期待したいと思います。詳しくは、読売新聞をお読みください。

「パンの缶詰」海外へ



今日の東京新聞に「パンの缶詰」を製造している『パン・アキモト』(那須塩原市)の記事が載っていました。
ロサンゼルスに初めての現地法人を設立して、災害に備えた食糧備蓄と、途上国への食糧支援を目指す「救缶鳥プロジェクト」を海外に広めることが狙いのようです。パン・アキモトでは東日本大震災の被災地にパンの缶詰を義援物資として送る活動も続けているそうです。『救缶鳥プロジェクト』すばらしい取り組みです。

くろばね紫陽花まつり



くろばね紫陽花まつりが23日(土)から始まります。
今年のオープニングは開花も良い状況で迎えられそうです。
どうぞご来場ください。

アルミ製エコうちわ



今日の産経新聞に載っていた記事です。
節電の夏に向けて、足利市内の町工場が企画、開発したオリジナルうちわがエコアイテムとして注目されています。「うちわ」といっても和紙ではなくアルミ製で、冷蔵庫で冷やして使うものです。絵柄は縁起物で、「めでたい」で鯛を描いたものや、「幸福招来」の瓢箪、「延命長寿」の菊などがあるようです。大きさは直径が約20センチで、気になる値段は、2800円です。涼と共に幸せや元気を運ぶ、その名は『めでた紋うちわ』が今、反響を呼んでいるそうです。欲しくなる一品です。

今日は新聞休刊日


今日は新聞の休刊日です。

釣って食べよう 日本一!那珂川の鮎



日本友釣会連盟が主催する『釣って食べよう 日本一!那珂川の鮎』(7月8日、栃木県大田原市黒羽町向町の町裏)が開催されます。那珂川の鮎は安全・安心なので、どんどん釣って食べようという、那珂川の風評被害を払拭するべくイベントです。『日本一!那珂川の鮎』を大いにアピールしてもらいたいと思います。楽しみなイベントです。また、前日の7月7日(午後3時~5時)には、ホテル花月において、『那珂川のアユと放射性物質』というテーマでシンポジウムが開催されます。詳しくは後日、お知らせいたします。

(株)エーエム企画パートナーズ倶楽部 会員募集中!


栃木県社会人サッカー北那須3部リーグ開幕!



黒羽SCは、1965年(昭和40年)に故 郡司守(エーエム企画前社長)氏を中心に地域のサッカー愛好者を集い産声を上げました。以後フレンドリーなクラブ運営をもっとうに継続を続け、2010年(平成22年)には、お陰様でクラブ創立45周年・栃木県社会人リーグ在籍40年を迎えることと相なりました。これもひとえに皆様方のご支援、ご配慮の賜物と深く感謝申し上げます。45年を一つの区切りの年として、チームの強化を図ると共に少年サッカー大会の開催やサッカー教室の開催など様々な事業を通して、青少年の健全育成に寄与し、積極的に地域社会に貢献しております。今後もチーム関係者との絆をより一層深め、50年から100年と「継続は力なり」精力的にクラブ一丸となって活動して参ります。チーム関係者並びに皆様方のご指導、ご鞭撻の程をお願い申し上げます。

今シーズンも2部昇格目指して、頑張ります。応援宜しくお願いします。\(^o^)/

“ 第1節開幕戦 黒羽SC VS ベルエキップ ”
 ・日時 平成24年6月10日(日) 12時キックオフ
 ・会場 黒羽運動公園 陸上競技場